「負の目標」大歓迎

こんにちは「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日は目標の内容について

 

僕は以前のブログで目標とは「幸せ」なものでないといけないとお話しいたしました。

幸せなものとは、「動ける体になってマラソンを完走したい」や「綺麗になっておしゃれを沢山したい」など自分が幸せになれるもの。

 

タイトルの「負の目標」とは、自分以外の誰かが関わっている目標のこと。

どういうことかというと、例えば「あいつを見返してやりたい」「あいつには絶対負けたくない」という

いわゆる「怒り」「憎しみ」という感情。

ここでは負の目標とは言っていますが、実際は全然「負」ではありません。

それで自分を大いに奮い立たせることができるのなら、そういった目標は大歓迎です。

さらに実際人間は、幸せになりたい、よりも誰かに勝ちたい、言い方が悪いですが、誰かを陥れたいと思っている時、いわゆるマイナススタートの時の方が力が発揮されやすいのです。

失恋を機にダイエットに成功したという話はよく聞きますが、そのためですね。

 

なんにせよ、目標は自分を最大限に奮い立たせるものが良いですし、綺麗でなければいけないなんてことは全然ありません。

さて、あなたの目標はなんでしょうか?