はっきり言って減量なんて楽勝

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

さて果たして減量は本当に楽勝かどうか。

今日は比較を用いて説明をします。

 

比較になるのが「増量プログラム」です。

世の人は太るのは簡単、痩せることは難しい。という考えの方がほとんどだと思います。

ですが、そもそも増量とは単に「体重を増やすこと」を指しません。

ここで言う増量とは筋肉量を増やすこと。脂肪で体重が増えてもそれではただの肥満化です。

 

ちょっと専門用語を使いますが、

増量=筋肉量を増やすこと→「バルクアップ」

減量=ダイエットとさせていただきます。

 

バルクアップのお話からさせていただくと、そもそもそんな需要はあるの?

と思いそうですが、結構あります。

実はダイエット専門をうたっていますが、以前は増量のお客様もいらっしゃいました。

これが本当にダイエットよりも難しくて、お客様の負担も大きい。

バルクアップだからと言って、「好きなものを好きなだけ何でも食え!!」と言うわけにはいきません。

それでは上であるようにただ脂肪が増えるだけ。

どんな物で筋肉を増やすかが重要。

それに筋肉を増やしたい方は華奢な方が多く食も細い人がほとんど。

筋肉を増やすには

消費カロリー<摂取カロリー、でなければなりません。

これが本当にきつい。そもそも食が細い方がそれほどの量を食べること自体が難しい。

極端な例にはなりますが、

かの有名なボディビルダー、マッスル北村さんは増量期の時「胃袋に隙があらば放り込む」と仰っていました。

そして増量の時は胃腸に負担がかかるため胃薬や整腸剤を使うことが常だったそうです。

それくらい筋肉を増やすと言うことは大変な作業。

 

それに比べて減量とは何と簡単なことか。

減量と聞くと空腹との戦い、と言うイメージの方が未だに多くいます。

ですが僕のお客様で、しっかりと脂肪を落とされている方から「お腹が空いてしんどい」と言うことは聞いたことがありません。

これほんとなんです。

むしろ通いだしてからの方が食事量が増えたと言う人がほとんど。

食事量が増えているのに体重、脂肪が落ちていく。

本当に増量に比べれば減量なんて楽勝です。極端な糖質制限も必要ありません。

世には痩せることが難しいこと、凄いこと、と捉えている方がほとんどですが、少しは考えが変わるといいですね。