開業への思い

おはようございます

本日は僕が開業に至った思いをお伝えできればと思います。

僕は以前まで企業に所属していたのですが、そこでの指導方針に少し疑問を持ちながら仕事をしていました。

そこでは、とにかくお客様にいかに多くセッションに来ていただくかが重きを置いているんだなと仕事をいていて伝わって来ました。当然たくさん来ていただいた方が利益が上がるから。

極端に多い方は週6〜7セッションを消化する、1日に2時間3時間のセッションは当たり前。

それを正当化しているような空気・・・

そんな中で僕はずっと思っていました。「それって意味あるのかな?」

僕はトレーニングが好きではありませんが、週に5回ほどは実施しています。慣れていますし、仕事の一環だと思っていますしね。 でもお客様はトレーナーでもないしアスリートでもない。普通の主婦や会社員の方など。 ダイエット目的で来ている方がほとんど。

もしボディビルダーになって大会で優勝したいなどの目標があればいいかもしれないですけどね。 (それでも過度にやっちゃう時にはトレーナーがストップをかけてあげないといけないですが)

入社した当時は店舗数も少なく、1店舗に対するお客様の数も多く、その時はセッション数を週二回にしていかに多くのお客様を担当できるか、 みたいな感じだったのに少なってくると今度はセッション数を増やせという。

「それは誰のためなんですか?」と。

もちろん会社なので利益を上げることは本当に重要なことだと思います。 でも僕が違和感を感じたのはそれを全てお客様のためだと言い切ってしまうこと。

僕が一番重要だと思っていることは、通っている間だけ結果が出ても知識や技術を自分のものにしないとすごく勿体無いということ。 それを自分のスキルにできれば自分で考えてボディメイクをやっていくことができる。

だからパーソナルジムはもちろん結果を出すことは前提で、そのやり方を覚えて頂く場所だと思います。

あるトレーナーのお客様のセッションに代行として入らせていただいた時に、その方はもう2年以上通っていた方なのですが、 「痩せては太っての繰り返しで辞めどきが分からない、お金の心配もあるし・・・」 とお話ししてくれました。

ダイエット目的で来たのに入会時の体重に戻ってしまっているけどずっと継続している方はざらにいる状況。

それははっきり言って異常な状況だと思っています。

継続をするなと言うことを言っているのではなく、そのトレーナーとの時間に価値を感じて続けたいと思うことは素晴らしいことですが、 どうもそうではない。

「辞めるのが不安」

「どうしていいのか分からない」

そう言わせるのはちょっと違うんじゃないかな、と。

とまだまだ色々とエピソードは止まらないですがそれはまたの機会に(笑)

そんなことが色々あって、僕は真にお客様のためになる、習慣付けしていただくために開業に至りました。

本日も長文になり失礼いたしました。