出来なくて当たり前

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

 

最近トレーニングをスタートした方なのですが、トレーニング途中で、動きがうまく出来ない、疲労でイメージ通りに体が動かせない。

そう言う状況の時、「すみません・・・」「うまく出来いなくて悔しい」とおっしゃる方がいます。

その考え自体は向上心があって素晴らしいですね。

 

ですが、あまりにも自分の動きに納得できていないようなので詳しくお話を伺うと、

どうやらその方は以前もパーソナルを受けていて、そこのトレーナーに言われた動きができないと、呆れたような顔で「なんでできないんですか?」注意、叱責を受けていたようです。

 

まぁそれぞれの指導方針があって考え方が違うのはいいですが、

 

僕自身の考えでは、「筋トレなんて最初はできなくて当然」です、

そもそも簡単にこなせるようでは筋トレとしての効果は薄いでしょう。

 

筋トレとは、超非日常の動きの連続です、人それぞれ、クセがあり、可動域も違えば、筋力も体力も違う。

そこをその方が効くように指導するのが僕たちの仕事の一つです。

「何で出来ないんですか?」は僕にとって仕事放棄と考えざるを得ません。

 

今は完璧に出来なくていい、できなくてもともと、これから少しづつできるようになっていくんですから。