出来るか出来ないか、は求めない

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日は僕がお客様を指導させて頂くときに注意している、意識しているポイントをお伝えいたします。

僕はその人が完璧になんでも指導したことを「できる」かということは意識していません。

僕の指導するポイントでは「出来るか」よりも「やるか」に100%重きを置いています。

 

簡単にいうと、タイトルの通り「出来るか、出来ないか」は求めません。

「やるか、やらないか」を大事にします。

だから僕はトレーナーであるならば、お客様に対して、「なんで出来ないんですか?」なんて注意する人はありえないと思っています。

「そんなトレーナーいるの?」と思う方もいるかもしれませんが、これが結構多いんですよ。

でも僕は、筋トレも初めて、食事コントロールもやったことがない人に対して、「できる」を求めるのは非常に酷なことだと思います。

できないのが当たり前です、最初から完璧にできる方が異常なんです、という考え。

そんなことよりも、お客様がしっかりと自分の意思を持って、「やる」という選択をしとことに対して、敬意を表します。

全くやる気がなかったり、自分で宣言して全く行動しないことに対してはお話を伺ったりしますが、

出来ないから、と言って「なんで出来ないんだよ」なんてことは絶対ありません。

もう一度いいますが、初めてのことなので出来なくて当然なのです。

それを少しづつ少しづつ、ご自身でもできるようにしていくのが僕たちトレーナーの仕事だと思います。

「やろう」という意思を僕に見せ続けてくれれば、僕はあなたを全力で応援し続けます。

「出来ない」なんて悩むことなんて必要ありません、これからできるようになるんだから。

今は実行し続けるのみ。