年齢は関係ない

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日は筋力トレーニングの効果と加齢についてのお話です

 

よく「私もう結構、年だし体が変わりづらくなってる」「もう若くないし」と言われる方がいます、

が、実は高齢者と若者の筋トレの効果(筋肥大、筋力の向上)は遜色ないと言われています。

※(谷本道哉氏著 筋トレまるわかり大辞典参照)

高齢になるにつれて起っている現象はサルコペニアという筋肉が萎縮してしまう現象です。

筋力の低下の伴ってどんどの衰えている感覚になっているので効果が出ないように錯覚してしまうかもしれませんが、筋トレ自体の効果とは無関係です。

高齢者でもトレーニングをしっかりとすれば体は変わりますし、トレーニング習慣がついている人はいつまでも若々しくエネルギッシュですね。

残念なのは、「もう私は若くないし、効果も出ないから・・・」

と諦めてしまうこと。

経験があるかもしれませんが、初めてジムに体験に行った、もしくは入会した時、

一人や二人はすごく元気なおじいちゃん、おばぁちゃんを見かけたことありませんか?

そんな方は「あの人、高齢なのに私より全然動けるやん」みたいなことを感じたことがあると思います。

でもそれはその人が特別運動ができて筋力があって、身体能力が高いからではありません。

習慣づいているからです。

と言うことは、あなたが今、習慣づけをできたら、10年後20年後にはその人たちみたいに、もしくはその人たち以上に健康的でエネルギー溢れる存在になれるかもしれないと言うことです。

やらなければ筋力の低下に押されて、重力を支えきれずに、もしかしたら、寝たきりなんてこともあるかもしれません。

どちらの将来が楽しそうでしょうか?

と、聴くまでもありませんね。