意識するだけで効果が上がる

 

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

今日は筋トレの5大原則の中の一つ、「意識性の原則」について。

突然ですが、現時点で筋トレをやっている皆さん、トレーニング中に、

「しんどいなぁ」「早く帰りたいなぁ」「明日仕事嫌だなぁ」などなど、トレーニング以外のことを頭の中で考えていませんか?

 

もしそうであれば、あなたはトレーニングの効果を最大限に発揮できていません。

同じ時間、同じメニューをこなしていても効果は明らかに出づらく、とても損をしているかもしれません・・・

 

冒頭に戻りますが、「意識性の原則」とは、トレーニングの内容、目的を意識して行うこと。です。

これは僕がお客様に筋トレを指導するにあたって最も大事だと思うポイントです。

これだけで一回のトレーニングの効果や質を高められるのだから。

 

ですが、本当に意識するだけで効果が高まるの?と思う方もいるかもしれませんね。

実はこれ科学的にも証明されていることなんです。

筋電図を用いて、筋肉の使用部位を意識しながらトレーニングすることによって、筋放電量が20%ほど高まると言うことが証明されています。

筋放電量とは、どれくらいの筋肉が運動に参加しているかを表すもので、これによると意識するだけで20%も多く筋肉を効果的に動かせていると言うことになります。

意識するだけでですよ。

 

これを聞いたら否が応でも、トレーニング中は集中して取り組みたくなりますよね?

もしくは今まで無意識にトレーニングを行なっていた人は勿体ない、と言う気持ちが大きいでしょう。

今後はトレーニング中はなるべく別のことを考えずに、集中して行うことをお勧めいたします。