未来の自分に期待するな!!

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

ダイエットの失敗でよく聞く、「明日から頑張ろう」「夏前になってからでいいか」と言った先延ばしの考え。

このように「明日の自分なら大丈夫」と言った考え方は何の進歩もありません。

未来のあなたは今と同じように「明日からでいいか」と考えていることでしょう。

人間は、いざという時には力を発揮できるもの、行動を起こせるものと考えていますがそれは間違いです。

例えば、学生時代、テストが近づいてくるとだんだん「そろそろ勉強しないとなぁ」と思っていてもなかなかすることができません。

そしてそのまま時間は流れ、「いざ」という時がきた頃には時すでに遅し、「もう今からやっても何も変わらない・・・」「次のテストの時には改善しよう」

という思考になって結局何もしないという結果になっなことがあるかもしれません。

(すみません、僕の学生時代です・・・)

もちろん「次のテストに向けての改善策」なんて考えるはずもありません。

このように人は「今の自分」のやるべきこと、責任を放棄して、「未来の自分」をどこか他人のように感じているようなところがあるのです。

そして「今の自分」ができないことを「未来の自分」はできるようになると錯覚してしまっているのです。

これには原因があって、「今に自分」と「未来の自分」は他人のように感じてしまっていることなんです。

いわば「未来の他人」のようなもの。

しかし、「未来の自分」を作り上げているのは間違い無く、過去、そして今の自分です。

過去を振り返り反省して、今を頑張らなければ人は絶対に変わることはできません。

「過去に期待した今の自分」は今あなたの想像通りになっていますか?

「今」をサボれば「未来の自分」にツケが回ってくることは今まで生きてきて実感できるはず。

やる気が出ない、忙しい、と言って困るのは「未来の他人」ではなく「未来の自分」だということをよく認識しておかなければなりません。