目標設定を数字のみにしない

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日はダイエットするにあたっての目標についてお話をしたいと思います。

もちろん何かを成し遂げるには目標はとても重要なことは当然ですが、ダイエットにおいてはこれはあまり数字のみにしない方が良いかと思います。

「数字のみにする」とは体重の数字、例えば「50kgを切る」などの目標です。目標を立てて実行することはとても大事なことですがこれだけでは不十分です。

大事なことは「数字の先が見えているか」

50kgを切ることが出来たら何がしたいか、もしくは、なぜ50kgを切らないといけないかがしっかりと自分で理解出来ている状況にあるか、が重要です。

例えば洋服を綺麗に着たい、旅行に行ってキレイな姿で写真をたくさん撮りたい、自身が行なっている競技のレベルを上げたい、などの目標が付いてくるととても良いですね!

数字を目標にすることは非常に簡単ですが、自分が何のためにダイエットをしているかが分かっていないとあまり続かないと思います。

理由の一つとして、ダイエットにおいては停滞期というものがつきものです。 体重のみの目標だと、その時期に入るともう体重計に乗るのさえ嫌になってきます。 それは数字が動かないから。

「こんなにトレーニングを努力しているのに・・・」

「こんなに好きな食べ物を我慢しているのに・・・」

「私、何のためにこんなに頑張っているんだろう・・・」

と、どんどんマイナスの感情が浮き上がってきて耐えれずにダイエットを断念してしまう方はたくさんいます。

正しい食事、正しいトレーニングを行なっていると数字では見えない時期はありますが確実に100%あなたの体に変化をもたらしています。

そのために数字の先に目標を持ってみてください。