筋トレと勉強は似ている

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

最近お客様の体の変化を見ていて、つくづく思うのですが、筋トレとは勉強のような物だと感じます。

筋トレはどんな人でも、正しいやり方で実施すれば必ず体に変化をもたらしてくれます。

勉強も同じ、僕の考えかも知れないですが、やれば誰でも身につくものだと思っています。

でも上の二つに共通して言えることは、やらないと何も変わらないということ。

よく、「僕は、私はやればできる子」という言葉を聞きますが、やらないとできないことと同じです。

このトライ、チャレンジできる人が、できる子なんだと僕は思います。

そして、どちらに対しても、「目標」が絶対必要です。

勉強ならば、「この大学に入りたい」「将来研究者になりたい」など。

筋トレならば「こんな体になりたい」「大会に出場したい」などなど

何が成功かを判断するためにも目標は絶対必要ですね。

 

また、「学生の時にもうちょっと勉強しておけば良かった。」と考えている人は多くいると思います。

でも、偏差値高い高校、偏差値の高い大学に入って、「勉強なんかしていて後悔した」という人を見たことがありますか?

僕はそんな人を見たことがありません。

筋トレも同じ。

歳を重ねて、「若い頃から体を動かしておけばよかった」と思う人はいても、「筋トレなんて時間の無駄だった」という人は僕は見たことがありません。

だって自分にいい効果があるんだから。

話を戻しますが、

やればできる子、という言葉は「自分はトライできない子」と認めているようなもの。

やれば必ず自分に返ってくる。

あなたはどっちを選択しますか?