糖質制限について3

Various sources of plant and animal protein.

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日は糖質制限中の食事の矛盾について。

糖質制限中は当然三大栄養素の一つである炭水化物を摂らない代わりにたんぱく質をしっかり摂ること、

基礎代謝以上はカロリーを摂ることが推奨されています。

タンパク質は体重×2gの量を摂ること。

例えば体重60kgの人だと120gのタンパク質の摂取必要です。

タンパク質1gにつき4キロカロリーなので120gのたんぱく質を摂ったとすると480キロカロリー。

だいたい60kgの方だと基礎代謝は1200くらいでしょうか?

1200−480=720

よく考えてみると、720キロカロリーを炭水化物なしで補えますか?

脂質のみで?

脂質は1gあたり9キロカロリーです。720÷9=80g

80gも肉の脂や魚の脂、オリーブオイルなどから摂れるでしょうか?

さらに魚の脂であるDHAやEPAなどの脂質は摂取を推奨されていますが、牛や豚、鳥の脂は良しとされていません。

では脂質ではなくタンパク質でカロリーを補うとしたらどうでしょう?

タンパク質の摂取量を例えば体重×3gの180g摂取するとしましょう。

それで720キロカロリーが摂取できます。が、

タンパク質も摂りすぎは脂肪になってしまいます。

さらに180gのたんぱく質を摂取しようとしたら、鶏胸肉を例えに出すと、おおよそ900g1日で食べなくてはいけません。

イメージして見てください、一食に300gの鶏胸肉・・・

僕なら頭がおかしくなりそうです。

もちろんたんぱく質源は鳥胸だけではありませんが、そんなにたんぱく質を摂取し続けるのは現実的ではないのではないでしょうか?

それこそ不健康になりそう。

ここで言えることは糖質制限をしている人で厳密に摂取カロリーをキープできている方は極少ないと言うことです。

ほとんどは食事量が足りていない、そして筋肉の分解が起きて、みるみる体重が減っていく。

例えば、ボディメイクの大会に出ている人、大会前の追い込みなどにそういった食事をすることはOKかもしれませんが、一般の方では難しいのではないでしょうか?

続けれる方はやり続けてもいいと思いますが、僕には難しいかな・・・

自分にあった食事法、ダイエット法を身につけることが一番ですね。