自主トレで絶対ダメなこと

こんにちは、「背中美人養成スタジオ、9fitness.」代表の神原です。

 

本日は自主トレをする際にあたっての絶対にやってはいけないことをお話しします。

最初に答えを言いますが、それは誤った方法で実施して結果が出ないこと、ではなく、誤った方法によって生じる「怪我」です。

結果が出ていなくても、それを正すことができれば、またそこから頑張ればいい話です。

これはプラスには働いていませんが、マイナスではありません。0の状態です。

ですが怪我をしてしまうと、これは本格的なロス(マイナス)になります。

せっかく頑張ろうとしていたのに、痛みによってトレーニングができなくなる。

それによってモチベーションの低下。

もしくはまた怪我するかもしれないと言う恐怖心でトレーニングができなくなります。

もっと悪ければ日常にも支障を来します。

 

見よう見まねでは危険、自身の筋力もしっかりと把握しておかなければ大きな事故に繋がることもあります。

自主トレで怪我をしてしまうくらいなら、やらない方が良いでしょう。

 

第一に自身の安全をしっかりと確保して、

そして自身の体を守るために正しい知識を持って取り組んでいきましょう。