食べるよりも食べない方が楽

 

 

こんにちは「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

 

本日はダイエット中のお食事についてお話しいたします。

皆様、ダイエット、と聞くと「食べないこと」「空腹が辛そう」と連想してしまうかもしれません。

が、その考えはもう古い。

現代のダイエットはしっかりと食事を行うことを基本としています。

 

実際、食べなければみるみる体重は落ちていくことでしょう。

ですが、それを長期実施することは不可能で、不健康です。

速攻でリバウンドもしてしまうでしょう。

 

では、このしっかり食べる、ということを今お客様に実践していただいているのですが、これがやってみるとなかなか大変なんです。

今通っていただいているお客様に、「お腹が空いて困っています」と言われたことは一度もありませんが、

「しっかり食べるのが意外と大変」というご意見はよく頂きます。

今まで好きなものを、好きなタイミングで食べてきた、朝食をしっかり毎日食べてこなかった人も数多くいます。

脂肪がつきやすい方の食事には特徴があって、空腹じゃないときは何も食べないですが、お腹が空いたら好きなもの、楽なものを適当に食べる人がほとんどです。

この「楽なもの」が危険で最も危険で体に害をなすものです。

菓子パン、カップ麺、お菓子、などなど。

これを改めなければなりません。

規則正しく食事を行うこと、栄養バランスもしっかり整えることが何より重要です。

「こんなに食べていて痩せるのかな?」と思う方もいらっしゃいますが、そんなに食べないと綺麗に痩せることはできないんです。

 

お腹が空いて大変かも、と思っている方、しっかりと食べれる、空腹になりづらい、という食事法は魅力的ではないですか?

あなたが思っているよりもしっかりと食事をすればお腹は全然空かないですよ。