食事量が増えても痩せる理由

こんにちは、「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

皆様、ダイエットと聞くと食事を減らして空腹と戦いながら行っていくものだと思っていませんか?

はっきり言って今の時代で「食べないダイエット」はもう古い。

「しっかり食べてキレイに痩せる」こうでなくては健康的とは言えません。

 

現在通っていただいているお客様、ほぼ100%の人が「通う前よりも食事量が増えた」と仰る方ばかりです。

なぜ食べる量が増えるのに痩せていくのか、を痩せない食事法の問題点を3つピックアップして説明していきます。

 

その問題点とは、

・1日全体の食事量が少なくなっていても一食に偏りすぎている。

・メインの食事を怠り間食ばかりになる

・食事の栄養バランスが悪い

 

さて、上の理由を見てドキッとした方がいるかもしれません。

まず一つ目の問題点ですが、一食に偏りすぎるとはどんなことを言うか。

簡単に言うと、1日に1500kcalの食事を朝、昼、晩と三食で分配するとします。

そうすると一食あたり500kcalになります。

偏った食事となるとこれが

朝 0kcal(食べない) お昼 500kcal            晩 1000kcal

と言う風にうまく分配できていないことが多いです。

朝食べないなどの空腹状態で体が飢餓感を感じています。

その昼食をとるとエネルギーの吸収効率が高くなりすぎること、また急激な血糖値の上昇につながります。

詳しいバランスはここではご説明できませんが、心当たりのある方は改善が必要ですね。

 

二つ目の問題点ですが、1日にまともな食事をせずに、ちょくちょく菓子パンやお菓子などで1日を過ごす人。

身体に必要最低限のエネルギーを摂ることもできずに低燃費モード。

これでは痩せられません。

 

三つ目の問題点は食事バランス。

大抵糖質と脂質に偏った食事をしている。

糖質を摂るなとは言いませんが、糖質を身体に蓄えられる量は決まっていてそれ以外の余剰分は全て脂肪になります。

また手軽に摂取できるためどうしても多くなってしまいます。

そして脂質。

脂は旨味、故に美味しいんです。皆さん美味しく食事がしたいがために旨味を求めて脂質の摂取量が多くなります。

ここを正しいバランスで食事することができれば「痩せる食事法」になります。

 

皆さん当てはまるものはありますか?

正しいバランス、正しい量を心がければ驚くほど空腹のストレスなく痩せられるはずです。