bestよりbetterな選択を

 

こんにちは「背中美人養成スタジオ9fitness.」代表の神原です。

本日はダイエットの心得をご紹介、ベストよりもベターな選択を繰り返し行うことをお勧めします。

 

ダイエットに取り組むに際して、例えば食事面で、お菓子や揚げ物、またはお酒など、このようなものはダイエットという観点においては何のメリットもありません。

ということは一切摂取しないという選択肢がベスト。

ベストの選択肢を選び続けることはとてもストイックでカッコよく見えるものですが、この選択を選び続けることは本当に難しいことなんです。

様々のものを犠牲にしなければならない、自制心を緩めることができないという状況はなかなか長続きはしません。

挙げ句の果てには大爆発で失敗に終わることもしばしば。

 

だから長く続けるためには、ベターな選択を繰り返すのが良いでしょう。

前にブログでも書きましたが、「〜してはいけない!!」と言われると、人間はそれをやってしまいたくなるものなんです。

例えば僕が「ケーキやお菓子は絶対にとってはいけません!」「お酒は何があっても飲んではいけません!」

と指導したとします。

するとお客様がそういったものを食べてしまう、飲んでしまう可能性は何と約2倍に膨れ上がります。

もちろん最初の方はできるかもしれませんが、ずっととなると多大なストレスがかかるでしょう。

 

だったら僕は長く継続して行うために、そういった指導は行いません。

ある程度の精神的な余裕を持って欲しいと思っています。

(だからと言って、どんどん食べましょう、食べても全然OK!という指導はしませんが・・・)

 

「絶対食べるな!!」と言われた状態でコンビニのスイーツコーナーの前に立つと、もう食べたい衝動を抑えられい。

でも食べるより食べない選択肢の方が良い、という考えであれば、全然気持ち的に余裕ができて、「今は別に要らないかな」

と踏みとどまることができます。

 

食事もトレーニングも続けられなければ何の意味もありません、自分がどうやったら長く続けれるかを意識してベターな選択をしてください。